Information, Press Release

> お知らせ・プレスリリース > 放送・通信連携サービスを実現する技術仕様を一般公開

放送・通信連携サービスを実現する技術仕様を一般公開

放送・通信連携サービスを実現する技術仕様を一般公開
-Press Release on New Technical Standards in IPTV Forum Japan-

一般社団法人IPTVフォーラムは、次世代のテレビにおいて放送と通信が連携する新たなサービスが可能となる技術仕様を一般に向け公開します。
 この度、一般公開する技術仕様は以下、3つの仕様となります。

  • ・ 放送通信連携システム仕様 (ver.1.0)
  • ・ HTML5ブラウザ仕様 (ver.1.0)
  • ・ 事業者間メタデータ運用規定 (ver.1.0)

これらの技術仕様に対応することより、テレビ、スマートフォン、タブレットなどの様々な端末でテレビ放送とウェブが連携した多様なアプリケーションが利用できるようになります。また放送・通信連携を活用する新たなコンテンツが広まるなど、新しいサービスの実現が期待されます。

さらに上記の「放送連携システム仕様」と「HTML5ブラウザ仕様」に対応した端末が
普及することを期待し、技術名称を同時に公表します。

1.背景・趣旨

現在、グローバル展開を視野に入れつつ、ICTを日本経済の成長と国際社会への貢献の切り札として活用する方策等を様々な角度から検討するため、総務大臣主宰の「ICT成長戦略会議」を開催し、放送サービスの高度化による新産業創出戦略が検討されています。また総務省で開催されている「放送サービスの高度化に関する検討会」において、スマートテレビは日本を元気にする成長戦略の重要分野の一つとして作業グループで議論されています。

このような状況の中、IPTVフォーラムでは、テレビ放送とウェブが連携することにより新たなサービスを実現するため、国内外の主要なプレイヤー間で議論を進めて参りました。

コンテンツ、広告等の様々な産業への波及効果も期待されていることから、放送・通信連携サービスに関する技術仕様を一般に向けて公開することといたしました。

今後もIPTVフォーラムは、ICT成長戦略を踏まえ、官民協力の上、国際的な連携を図りつつ、次世代テレビの推進に貢献して参ります。

 2.技術仕様の概要

(1)放送通信連携システム仕様 (ver.1.0)

  テレビ受信機において、テレビ放送と通信ネットワーク上のサービスを連携させるシステムを実現する方式を記述した規定。システム全体のモデル、アプリケーションの動作・種別、受信機機能等を規定しています。なお、ver.1.0では、アプリケーションとして、HTML5(1)で記述されたWebコンテンツを対象としています。また、アプリケーションの種別としては、放送マネージドアプリケーション(注2)を対象としています。

(注1)現在W3Cという規格化団体で標準化が進められている次世代ブラウザ規格のこと。
(注2)放送信号に含まれる起動・終了などの制御信号に基づいて動作するアプリケーション。

(2)HTML5ブラウザ仕様(ver.1.0)

  HTML5対応Webブラウザをテレビ受信機のブラウザとして適用し、放送通信連携の要件に基づいてHTML5における放送動画の取り扱い方法やAPI(注3)の拡張等について記述した規定。放送に連動したサービスをスマートフォンやタブレット端末などのセカンドスクリーン機器上で行うためのAPIもこの規定に含まれています。

(注3)Application Programming Interfaceの略でアプリケーションやOSが外部公開している機能のこと。

(3)事業者間連携メタデータ運用規定(ver.1.0)

放送事業者などのコンテンツ提供事業者とVOD(注4)などを提供する映像配信サービス事業者の間で、番組コンテンツを円滑に利用できるようにするため、番組関連情報(メタデータと呼ぶ)を規定。具体的には、①コンテンツに関する情報(タイトル、内容、出演者、映像・音声 情報など)及び②サービスに関する情報(VOD/ダウンロード等の利用形態、PPV(注5)/パック販売/セレクト販売/月額見放題等の販売方法、販売価格、視聴制限情報など)を規定しました。

(注4)Video On Demandの略で、視聴者が番組選択したタイミングでストリーミング映像を視聴できるサービス形態のこと。
(注5)Pay Per Viewの略で、視聴した番組単位で料金が発生する有料番組課金の利用形態のこと。

 3.技術名称

 今回公開する「放送通信連携システム仕様」及び「HTML5ブラウザ仕様」に対応する機器が広く一般に認知されることを期待し、これらの技術仕様に対応した機器であることを明示的に表す名称が必要と考え、IPTVフォーラムでは、以下の通りの技術名称を定めました。

ハイブリッドキャスト(Hybridcast)(注6)技術仕様ver1.0

なお技術仕様の名称であり、放送サービス等の名称については、別途決められます。

(注6) 二つの性質の異なるものを組み合わせて利用するという意味のHybridに、放送のBroadcastと一対一通信を示すUnicastを組み合わせた造語。

社員・協賛会員向けサイト

社員・協賛会員の皆様のために、諸規則、資料・議事録などを公開しています。
こちらからログインしてください。

このページの上部へ戻る